« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

PS3のCMが意味不明

http://imihu.blog30.fc2.com/blog-entry-2121.html



「もう笑うしかねーわ、泣くに泣けねーし」


ってことなのかしらクタラギ社長。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月30日 (月)

すべてが0になる

えらく長い時間をかけてやっていたお仕事がようやく今朝
出来上がったので、久しぶりにウォーキングしてみました。
少しリバウンドしつつあるのでなんとか食い止めないと!

というわけで万歩計をポケットにねじ込み気張って10キロ
コースを踏破!ひさしぶりの長距離! 快晴で気持ちよかった!

さーて、何カロリーくらい消費したかなー。
今日はけっこう早足で歩いたから、500は越えてるはず…。


【現在時刻】 00:00
【歩数】 0歩
【しっかり歩数】 0歩(0分間)
【消費カロリー】 0キロカロリー(0グラム)
【歩行距離】 0.00㎞
【電池を交換して下さい】


orz


なんかムカついたのでアジフライとカニクリームコロッケ
買ってきた。悲しいくらい美味しい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

ヒストリー・オブ・スケパン刑事

えー、松浦あや主演の映画が適度にコケたという噂ですが
AV業界はそんなこと関係ないですね。

先だってモンブルローズというアレなタイトルで僕らを和ませてくれた
あやや似AV女優紋舞らんが期待通りやってくれたのは皆さんすでに
ご存知だと思います。
Sukepan
(裏ビデオを標榜しているので、一部情報はモザイクにしています)

前後編で作られたという力作(?)。いや、観てないですけど。

なんの因果かマッポの手先・・・おまんこ許さんぜよ! 
スケパンネーム麻裸宮(まらみや)サキ

これを書いたコピーライターとロゴマーク作ったデザイナーは激しくガッツ
ポーズをしているか死にたくなっているかのどちらかだと思います。
多分前者。

まあ、内容はともかくこういうのは先にヤッチャッタところが勝ち
みたいな安直なパロタイトルですよね。

が、元ネタ「スケバン刑事」シリーズだってかなり昔から存在しているわけ
だから、当然、昔の人だって同じネタをやろうとしたのではないか…



やってましたよ。


しかも劇場公開までしてたらしい。
内容はアレですがまあ20年前には今ほどビデオもDVDもないですし。
いやそれでも劇場までこれを観に行く人ってすごいな…先人は偉大です。

さらに調べてみると、来月にさらなるタイトルがリリースされることが
判明しました。しかもR-18規制はあるものの書店売りまでしちゃう
堂々っぷり。

スケパン刑事 バージンネーム=諸見栄(もろみえ)サキ
http://www.discstation.co.jp/VSSHOP/cgi/DS_goods_item.aspx?ns=DVT-43


あくまで個人的な感想では、キャッチコピー勝負ではモロミエさんの
勝利ですね。バージンでモロミエ、スケパンでモロミエ。このギャップ
というかどうでもいい矛盾っぷりがなんというか、その、まあ、なんだ。

どうでもいいです。

ちなみにこの監督さん、実はブームにただ流されているだけの素人じゃあり
ません。実は女刑事モノの実績がある方で

牝刑事(メスデカ) 催淫レイプ犯を撃て!
http://www.wowow.co.jp/schedule/ghtml/019666001G1_main.html

とか。

新体操刑事 KILL WOMAN
http://forest.kinokuniya.co.jp/ItemIntro/43843

とかまあ、その。すごい人です。多分。


えーと。
今後のスケパンシリーズが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月28日 (土)

クオリティが高くなったけど…

かつてPS2で大量に発売された低価格ソフトブランド「SIMPLE2000」
シリーズ。PS3が発売になったらどうなるのカナー?なんて思ってたんですが
どうやら人気タイトルの一部はXBOX360のほうに鞍替えしていた模様。

ただ、D3パブリッシャー商標の問題なのかタイトルはおなじみの「THE~~」
というテンプレではなくなっています。

■お姉チャンバラvorteX~忌血を継ぐ者たち~
http://www.d3p.co.jp/one/index.html

■地球防衛軍3
http://www.d3p.co.jp/edf_x/

先月の東京ゲームショウで情報が出されていたのですが、今回、追加で
いろいろ素材が出た模様。

■なぜお姉ちゃんの露出が高めなのか――お姉チャンバラvorteX~忌血を継ぐ者たち~
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0610/27/news010.html
■これで地球も安心だ――新兵器はバトルマシン「地球防衛軍 3」
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0610/27/news013.html

画面や操作性、シナリオなどのディティールについては置いておくとして、
まず第一印象としては



アレ…?シンプルシリーズじゃなくなったら、わりと平凡に見えちゃうな…


という感じ。
もちろんあらゆる面で精度は上がっているんだけど、内容としては「まあ
XBOXのゲームなんだからこれくらいは出来るよね…」という感じかなー。
ゾンビを切りまくったり、多人数で同時プレイっていうのは特に珍しくないし
画質もシンプルシリーズに比べれば格段に凄いけど、他の3Dソフトに比べて
飛びぬけている印象はないなー…。

多少チープさがあっても、シンプルシリーズという枠組みの中であれだけの
ものを出したというオドロキと、設定の奇抜さが話題性になったのかも。

逆に言えば、今回の新作が人気シリーズの続編、ということではなく、
これが第一作目だったとしたらあんまり話題にならなかった気がするのは
僕だけかなー。

まあディースリーパブリッシャーはこれと平行して、シンプルシリーズも
続けて新作を出していくことらしいので、社運をかけたアタックではなさそう。
その点は安心ですね。


と言っても僕はXBOX360持ってないんであまり関係ないんですが!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

メールくらいちゃんと書け!

ビジネスメールはもちろんのこと、プライベートのメールでも
妙に馴れ馴れしい文面にはカチンときちゃうお堅い僕ですが
今日はさすがに我慢できないメールが来たので晒しちゃいますよ。

オレは鬼になるのダ!

--------------------------------------------------------
件名:うっそ!!!!ホントに食べたことあるの!!?


http://●●●●.jp
ここでHさんの掲示板に書いてあるのを読んだんだけど、凄い人
なんだね!!
食べたんだ!?直接食べたんだ!?全部食べたの!?
Hさんの掲示板に、そっちの顔写真も載ってたし、
更に『その男の連絡先』ってこのアドレスが載ってたから
ついつい感動して今こうしてメールしてるんだけど。

食べたんだ!?そういうの好きなんだ?
じゃあ私のも食べてみる?どうかな??
私、一度でいいから食べさせてみたいんだよね。
どういう味したの?

あ、自己紹介しておくね。
私は遠峯玲子、21歳、大学生です。
中学高校と女子校だったので色んな経験がしたいです。
私のを食べるんだったら、三日ぐらい前からこっちのほうでも
用意しなきゃならないから、明後日あたりどうかな?
さっきのサイト、私も『ミネレイ』って名前で受信箱持ってるから、
そこに連絡欲しいです。待ってるね!!


--------------------------------------------------------

何を食ったのかサッパリわからねえよ!心当たりなんかないですよ!
書けよ! ちゃんと書けよ! 書いてくださいよ! 
この文面じゃ何のことだか全く分からないですよ刑事さん!!


明後日か……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

実写AVでリベンジ!

ショタアニメで下半身が満足しなかったことに軽くショックを
受けたので、ここはいっちょリハビリを兼ねて正反対の実写
エロビデオを見てみましたよ。

■Mドラッグ/星月まゆら(※激エログロです)
http://www.dogma.co.jp/shop/index.php?act=prod&prodid=601

えーと…一応和姦…なのか。
ゲロとかオシッコとかちんこ汁とかジョバジョバ出しながら
メチャメチャなセックスをするのですけど、女優はイヤーとか
ヤメテーとか言わずにずっと「もっともっとー」と棒読みの
淫乱っぷりを疲労、もとい披露してくれます。このシリーズは
けっこう人気があるらしいですよ。

まあ、正直なところどうだったかというと、これまた実用出来ずに
心の傷はダブルでメッコリいっちゃったわけですが。

いやもうなんというか、やけに冷静に見ちゃってた。というか
なんか些細なことに笑えてしまって。

女優が洋式便器に拘束されているのだけど、冒頭のフェラシーンでは
縛られている以外は普通に座っている格好。つまりいくら小柄な
女性とはいえ便座の高さ+座高であれば男性の股間よりも口の
位置は高くなるので、男性が便器の前に置いてある箱に乗って
高さをアジャストしてるのがチープで微笑ましすぎたり。

水なんか流れない便器なのに、なぜかブルーレットの青い水だけが
タンクの上にセッティングされててやたら画面内にクリアブルーが
ちらちらして、いつしか女優よりもそっちのほうが気になったり。

あとは、このビデオだけじゃないんだろうけど、スーパーハードな
プレイしてるのに、女優さんが汗かいてないのが妙に気になったり。

「あー随所随所でカメラ止めてメイクなおしたり汗ふいたりして
るんだなー」て感じで冷静に見ちゃってたりして、そんな冷めた
自分にガッカリでした。

あ、でも内容はマジでハードでした。
中学生のころだったらシリーズ全部制覇してナキガラになるまで
搾り出して親に見つかって号泣されて「いい大人がメソメソする
んじゃない!」って叱り飛ばしてるでしょうねきっと。いいこと
言った。何様だおれ。

ちなみに一番面白かったのは、このビデオのラストにあるドグマ
レーベルのCM。いくつか別のタイトルが紹介されるんですが
最高だったのがこちら

■美女とわき毛/武藤まや
http://www.dogma.co.jp/shop/index.php?act=prod&prodid=606

サンプルムービーを流すとわかりますが、いきなり詩を朗読し
はじめます。

   私の両手にはわき毛の翼

   右の翼は 私の恥じらい
   左の翼は 私の野生

   大きく地面を蹴って
   青空の彼方へ

   剛毛をなびかせ
   羽ばたいていきます

     2005年7月 梅雨が晴れた日に

                 武藤まや

なんてメンヘルメルヘンな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

ぼくのぴこを見ました

少し前になりますが、一部で大変な話題になっていたショタアニメ
「ぼくのぴこ」を見ました。

ビジュアル的にも「コリャ可愛いじゃん」と受け入れ態勢は万全で
けっこう発売開始前から期待していました。主題歌はちょっとアレ
でしたけど…。まあソフトオンデマンドのアニメは陵辱モノでも歌が
入りますからのう…そういう仕様なんでしょうなあ。

まあそれはそれとして、結論から言いますと・・・


残念ながら実用には到りませんでした…。


なんでだろう。物語的には単なる激しいエロエロではなく、二人の
出会いからイチャイチャしつつ徐々にエロくなっていく過程が盛り
込まれていて、流れとしては個人的にオッケー、というかかなり
好きな展開だったのですけど。

声も問題なし。ぴこはもちろんのこと、相手役の男の声も不愉快
ではなかったし、作画もキャラだけではなく背景もしっかり綺麗に
描かれていた気がします。

エロシーンは3回。車中、部屋の中、浜辺とシチュエーションが
変わるうえ、その時々でキャラの心情が異なっているし、だんだん
激しくなるので退屈でもありません。

実際、まあ、ぶっちゃけかなり下半身的にもエキサイトしていた
わけですが…結局は到らず。うーん、なぜだろう。Hシーンが
ヌルく感じてしまったのかなー。それともストーリーのほうに
気をとられすぎたのかな。

なんかショタという新たな世界へ踏み入ることが出来なかった
ことがすごく残念なような、いやでもこれが正常なのか…と納得も
出来るような複雑な気分。

でも第二巻では新たなショタが出てくるようなので、ここで挫けず
リベンジしようと思っていますよ! がんばれ自分!


しかし、こんなイベントまでやっていたとは…
http://www.pico.bz/event.html


やっぱりロフトプラスワンは魔境だぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

蟲師のイベントがあるんだけど…

「蟲師」。うごく絵ができるそれまでの話をちょっと。
(いや、たくさん?)


という一風変わったタイトルのイベントが11/6(月)新宿ロフト
プラスワンにて開催されます。

出演は長濱監督、片岡プロデューサー、他蟲師関係者のみなさん。
ただ、19:30スタート(22:00終演予定)でお酒も飲めるという
内容ゆえに、以前行われたファンイベントとはちょっと趣が違う
様子。かなり制作現場寄りの話になるのかもしれない。暴露話とか
出るかも。興味津々。時期的に厳しいかもしれないけど。

ただ開催場所のロフトってマニアックなイメージがあるんだよねー。
前後のイベントがすごいのよ。
http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/schedule/lpo.cgi?year=2006&month=11

11/3…「もてらじ公録/死場さがし!今明かされる自殺現場の真実」

11/4…ブロッコリーpresents 
「菜の花すみれと木谷高明のサタデーナイトメインイベント34」

11/5…「眼鏡っ娘居酒屋<委員長>2006冬」

11/7…「東京SMフェステイバル~リビドー」

11/8…「改憲の是非を問う」


あらゆるパッションが混在しててなんか怖い…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

素敵なコリアンユーモア

韓国の記事でここまで爆笑したのは久しぶり。
このギャグセンスは世界レベル。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/10/22/20061022000005.html

日本のマスコミもこのユーモアセンスを見習って欲しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

日韓合作舞台を観てきました

マンガ家の水月先生と一緒に舞台を観て来ました。
http://www.rukaden.com/

日韓合作の「Myth Busan-Tokyo MIX」という作品です。
ホームページではあらすじなど紹介されていたのですが
特にそれらを読むことなく、予備知識ゼロで臨みました。

第一の興味は映画と違い、舞台では日本語とハングルが
字幕など無しに交じり合うストーリーを、どういう演出で
見せるのか、ということ。

あとは主題がファンタジー要素で、日韓の歴史などの
お堅いテーマではなかったということも足を向かわせた
一つの要因ですね。

で、結論から言うと「上手いことまとめたなあ」といった感じ。

決して馬鹿にしてるのではなく、ラストシーンの姉のセリフは
「なるほどこうきたか…!」と感心しました。詳しくはネタバレに
なるので書けませんが…。

水月先生の話によると、この劇団の脚本ではけっこうバッド
エンドが多いらしいのですが、今回はハッピーというか、
しっとりとした感じ。

ただ、涙を流すような感動はなかったです。

感情を大きく揺さぶられることがなかった原因は劇の内容と
いうよりもむしろ僕の心構えにあったようです。

「物語を楽しもう」というよりも「言葉の壁をどう上手く処理して
いるのか」という脚本と演出の仕方に集中力を使ってしまった
ことが大きかった。

■ハングルと日本語のバランス・演出が上手い
先述のようにセリフにはハングルが混ざり、そのパートは言語的に
サッパリなのですが、それ自体は大きな問題はありませんでした。
(ハングルを喋るキャラと日本語を喋るキャラが分担されている)

ゼスチャーや流れで大体分かるし、面白いことに日本語を喋る登場
人物自体も、ハングルキャラの言ってることが全く理解不能という設定。
お互いが必死になってコミカルな身振り手振りを交えて説明をする
シーンもあって、仕掛け的に面白かったですね。

さらにメインの姉妹ともに、感情がどこか欠落しているという設定
なので複雑なセリフは出てきません。が、それを手抜きに感じることも
無く、逆に利用して締めのセリフに使っている脚本が見事。

よって、観終わった段階では「ああ、問題なく観れたな」とか「全く
理解不能ではなくてよかった」「脚本・演出の人GJ」という安堵感が
大きかったのだと思います。

■物語のベースは韓国神話
またストーリーに関しては日韓の神話の融合ということですが、
事前知識がなければ、神話ベースだということに気付きません。

ストーリーのベースは韓国の神話です。それに日本的な要素を
組み込んでいっている感じですので、おそらく韓国の人が観たら
冒頭部分で「ああ、あの話をパロってるんだな」と分かると思うし
それ以後は、スムーズに感情移入していけるんでしょうね。

僕らの場合はまず次から次へと現れる新しい世界観に戸惑い、
消化していきながら物語も内容を追いかけていくことになるので
感動するという余裕がなかなか無いかな、と。

しかし、小劇場の中を迫力ある演出で満たしてくれた90分は
十分に新しい刺激になりましたし、楽しかったです。分かりやすい
演出や感動の渦に巻かれたい方は迷わず劇団四季に行くことを
お勧めしますけど、実験的であったり一種独特な演劇を見たい方
にはお勧めです。

あ、もう22日で公演終了か……。



やっぱり演劇はパワーがあって面白いです。
また時間を作って行きたいです。


おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

万能いす

http://www.youtube.com/watch?v=r_ysJOYAFlU

すげえ椅子があったもんだ。
アーロンチェアなんか目じゃねえぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

ちょっと危ない性格っ娘

いまちょっとファンタジーっぽいカラーイラストを描いてます。
あまり描く機会が無かった素材なのでちょっと苦戦中。

「鎧って難しいですよ」
「はい鎧の資料 http://www.teck.co.jp/ole/products/ironmaiden/chara.html
「こういう鎧じゃねえ、っていうか最近の子はこういうキャラに萌えるのね」


>物事が自分の思い通りに進まないとヤケをおこし、
>すぐミサイルを飛ばしてくるちょっと危ない性格



「北朝鮮はツンデレだったんだな」
「上手いこと言った 言っちゃった 消される」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

おやつの時間

ポテトチップスやらチョコレートやらが大好きだったクセに、
ダイエット期間中にそれらをブッツリ断食したところ、ちょっと
した味覚変化がおきた模様。

砂糖やらバターやらをたっぷり使ったお菓子が嫌いになった
わけではないのですが、最近はお酒のおつまみ系のものが
口に合うようになりました。お書きとか柿ピーとかチーズ鱈とか。

そんな中、久しぶりにスマッシュヒットになったのが紀文より
発売されているコレ。
Sitaraba

カニカマの一種なんですけど、口当たりが凄く好き。
味はわりと薄いです。サッパリ系。あまり腹は膨れないですが
なぜかここ数日、毎日一本は買って食ってます。
サラダ味のやつもあるんですが、からし味のほうが好み。

でも、ホンモノのカニより美味く感じちゃってちょっと悲しくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

お仕事などいろいろ。

告知じみたものを色々と。

■コミックアンリアルvol.4(11/11発売予定)
ピンナップ描いてます。妖術師がえっちく誘ってる感じの絵です。
どうやら過去3号の売れ行きがよかったらしく今度からB5サイズに
昇格するとのこと。すごいですね。

■コミック天魔12月号(11/13発売予定)
久しぶりの漫画です。メガネさんです。
まだ脱稿してないんですが。もうすぐ入稿しますよ編集さん。
ようやく漫画に慣れてきた感じです。
後日サンプル公開します。

■PCゲーム雑誌メガストア12月号(10/17発売)
以前もちょろっと告知しましたがSinsAbellという過去作品が
丸ごと収録されてます。少々気恥ずかしいですがよかったら
プレイしてみてください。
http://www.coremagazine.co.jp/megastore/
しかしこのサンプルCGはちょっと怖いぜ。目が。

あと年内に発売になるお仕事がちょろりとあります。
頑張らねばー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

封印されていた記憶

そう。あの時僕はトンカツを食ってたんです。
まだダイエット前でしたから今年の1月か2月ごろ…もう
随分と前の話です。すっかり忘れていましたよ。

トンカツ屋で一人モソモソと肉を咀嚼していると、
隣の席に仲むつまじき男女が座りましてね。見たところ
男性は20歳くらい、女性は16~18歳くらいかな、と。
両方ともスタイルはよくて顔も整っていて、まあ、
お似合いなカップルって感じなのですよ。あ、すみません
ごはんおかわりお願いします。

で、注文して待ってる間、ギャルのほうが一方的に話
かけている感じで、男性はちょっと無愛想。頷いたり、
ああ、うん、そう、といった返事ばかりで、傍目から見てて
ちょっと感じが良くないんですよね。ケンカでもしてたの
かなとも思いましたがすみませんキャベツおかわり。

女性が話す内容は芸能関係で、ほら、去年の年末から
今年の頭にかけて離婚とか結婚とかラッシュだったでしょ。
その中に、このカップルの話題も大きく取り上げられた
わけで。
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-060113-0007.html

女「ねえ、押尾学がね、報道陣に向かって怒鳴ったらしいよ」
男「なんて?」
女「あぶねえだろ! みたいな」
男「へえ」
女「それで肩を抱いて一緒に出て行ったって ヤバイよね」
男「ヤバイって?」
女「だから、もうあの二人結婚すんじゃないの」
男「ああ…」

TANA「みそ汁おかわりお願いします」

女「……」(※男を見つめてる)
男「……」(※女性に興味なさそうにテーブルの上見てる)
女「……ねえ」
男「なに」
女「えっと……彼女…とか、いるの?」
男「いや」
女「いないの」
男「いない」
女「ふーん……いないんだ」
男「……」
女「つくればいいのに」
男「いいよ ・・・・(※聞き取れなかった)だし」
女「ふーん そっか・・・・・・じゃあ私が付き合ってあげようか



 お 兄 ち ゃ ん 。」


男「・・・・・・何言ってんだ、バカ」



バカはお前だーーーーーー!


会計お願いします! 会計を、お勘定を……っ!
なんだよ、なんでこんな越谷なんかでエロゲみたいな
生シチュエーションを目撃しちゃうんだ! くそう、くそう
おかわりしたみそ汁が全部涙になって流れていくよ!
耐えられない、帰る、ボクおうちへ帰るっ! うわーん。


そう。忘れてたんだ。
封印してたのに思い出しちゃったよ…。このニュースのせいで。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061012-00000011-dal-ent

ヒトマタゆずれよ押尾学…。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月16日 (月)

モーションペイント

以前、横浜に親戚が来たということで埼玉から出向いて
食事をしたときのこと。タクシーで移動中に窓から見えた
鉄道の高架下がスプレーとかの落書きでいっぱいに
なってました。

その時タクシーの運転手さんが「はじめは違法だったん
だけど、全然なくならないんで許可制にして、いっそ観光
資源にしようという話があってですね…」と話していたの
ですが、まあ、正直アートとしてはあまりにも汚い絵だった
ので内心はどうだかなあって感じでした。

個人的には絵柄やモチーフがどうであれ、ああいう街中の
落書きは不快です。

というのが前置き。

こちらのサイトで紹介されている輪派絵師団というグループの
モーションペイントというパフォーマンス。

壁や床を使った一定の面積のキャンパスに描いては消し、また
描いては消しを繰り返します。あっという間に素晴らしい絵が
上書きされて「ああ、もったいない…」と思った瞬間には次の
作品が出来ているといった感じで圧倒されまくり。当然早回し
されてるから高速なんだけど。それでもやはり素晴らしい。

誰にも迷惑かけないなら、壁アートもいいもんだなあ、と僕の
認識も書き直されちゃいましたよ。上手いこといいましたね僕。
フフフ。

いやしかし、描いてるところ生で見たいわー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

熱いぜ ハチワンダイバー!

ヤングジャンプに移籍し、アキバメイドと裏の将棋バトルという
異色な素材で新連載を開始した柴田ヨクサル先生。
今週、とうとう主人公が「ハチワンダイバー」と名乗り真剣師と
して生まれ変わりましたよ。

いやはや熱い! 
柴田ヨクサル先生独特の熱さが素晴らしい!

当然、エアマスターのような肉弾戦や空中戦は無いものの盤面を
挟んでの数分間の戦いには、紛れも無くあの鬼気迫る迫力が凝縮
されています。アカギとは対照的に一勝負はあっという間に終わり
将棋のウンチクなどほとんど無し。ひたすら主人公の心理描写に
絞って描かれているのが勢いを殺さず、自然と読み手の感情移入を
促してくれます。

最近のヤングジャンプは、その他の連載もけっこう自分好みの
ものが集まっていてすごく充実しています。他で特に注目してるのは
タフと華麗なる食卓、嘘喰いですね。

そういえば少し前に岡本倫先生が女スタントマンの読みきり漫画
書いてたけど、あれも面白かった。今は次の連載準備中かな…
楽しみにしておこう。


あとヤングジャンプ別冊のYJ漫革もなかなか。最新号は華麗なる
食卓の外伝ぽいやつがよかった。えろかわいいし。

ちっちいっぱいでたー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

三国志大戦詐欺

カードゲームのルールがサッパリ理解できないので、三国志大戦
ブームのときもポツネンとフテていたので今さら情報を知ったの
ですが、どうやら詐欺が横行してるようですね。

シュヴァリエの絵も描かれている夢路キリコ先生のサイトで告知
されていました。
ttp://homepage3.nifty.com/ATOMIC/60E8634B-2B58-470F-967F-75B993680E92.html

【以下引用】
※「三国志大戦」ニセモノサインカードについて※
自称、キリコの知り合いを名乗る人が、イベント会場等で私の
サインカードをトレードしたり、金銭での取り引きをしている。。。
という情報を頂きました。それらサインカードはすべてニセモノです。
騙されないようにして下さい。お金は大切ですよ。

他にも三国志大戦の『サイン入りリトグラフ』(ラフ画)なるものも
存在してるらしいです。
もちろんこれもニセモノです。御注意ください。

【引用終わり】

サイン入りグッズの詐欺なんていまや珍しくも無いですが、
やっぱ絵がファンではなく転売屋や詐欺屋の生業に利用される
っていうのは空しいですね。

サイン入りグッズなどが大好きな方や三国志大戦などが好きな
方々はお気をつけくださいね。

しかしこの人のカラーはすごい描きこみだな…

「カラーは凄いけどモノクロはどんなもんかね」
「シュヴァリエのサイトで漫画が読めますよ」
「マジで」
「第一話だけですけどすごいですよ」
「うむ読んでみよう」

http://www.chevalier-deon.com/tameshi/tameshi.html

鬼だ…。描きこみの鬼過ぎる… orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

プロ野球オーナー秘話

プロ野球プレーオフ、日ハムは長い低迷からの
悲願達成。もうネットのニュースは美談ラッシュ
です。こっちの涙腺も緩みっぱなしです。

特にこんな故人がらみのエピソードには弱いです。

■日本ハムナイン「大社さん、やりました」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061013-00000103-nks-hok

BSE騒動の時はなんだこの会社、と思ったけど、
オーナーの人柄が偲ばれるいいエピソード。

つ△T)ウウ…



もちろん3年連続POで負けたソフトバンクも
王監督のために一丸となっていて、シーズン中から
本当にいい戦いをしてくれていました。

だから斎藤の涙に心動かされました。本当に
素晴らしいピッチングだっただけに余計に
悲しいです。せめて福岡のファンの前で戦わせて
あげたかった…。

■斉藤号泣「約束破ってすみません」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061013-00000033-nks-spo



>昨季終了後、王監督は東京・汐留のソフトバンク本社に招かれ、
>孫オーナーと会食した。約1000坪はあるといわれる26階
>フロアには日本庭園がある。


#・皿・)…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快楽の園、動く。

幻想絵画の世界ではけっこう有名な画家で、作品のいくつかは
プラド美術館にも所蔵されているというヒロエニムス・ボシュ。

幻想的と言っても、人が斬られたり食われたり異形のものが徘徊
してたりする、ちょっとホラー要素の入ったものなども描く異色の
作家です。

詳しくはこちらのサイトを。いくつか作品が載っています。
http://www.ne.jp/asahi/art/dorian/B/Bosch/Bosch.htm

僕はこの人を知らなかったんですけど、とあるPVで彼の絵が
フラッシュアニメに使われていると紹介されまして。
http://www.bobcentral.com/publish/2004/09/14/buckethead.mov
(重いのでDLにけっこう時間がかかります。要QuickTime)

bucketheadというバンド(?)のものらしいですが、いやー見事!
元作品のほうにも興味が出てきたので、画集など探してみようかと。
まさかボシュもこういうパロディから注目されるとは思ってなかった
だろうなあ。

この絵を描いてるときはボシュの頭の中ではこんな風に動いて
たんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

だるまさんがッ!転んだァーッ!

PS2ゲーム「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド」の発売が間近ですね。
http://www.bandaigames.channel.or.jp/list/ps2_jojo/

売れるのかどうかは別として、このポージングをパラメーターに反映させる
システムは面白い。そしてこのだるまさんがころんだバージョンのCM(ロング)
http://www.bandaigames.channel.or.jp/list/ps2_jojo/special/index.html
が僕の心を魅了してやみません。カッコイイ! こういうの大好きだ!
漫画だけじゃなくて実際にやってもサマになるなんて…。

ちょっと僕もやってみたくなったので昔懐かしいジョジョ体操に一人でコッソリ
チャレンジしてみましたが普通に身体が攣りました。やはり歳か。


つかPV中に出てくる荒木先生が異常に若いんですけど。
石仮面持ってるんじゃないの……。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月11日 (水)

SM度チェック

普段、占いなんて全然やらないんですが、チャットでみんなが
やりはじめたので参加。
http://www.nawa.jp/smntest_pre.html

結果
Sm

「N40 S26 M14 僕って面白くないヤツ…ほぼ真ん中だ」
「ふつうでいいじゃないか」
「うう 下の統計 N度50%以上の人いないじゃないか」
「まぁ こんなページを見に来る時点でN度が大分薄れてるだろう」
「…確かに」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

新日本プロレス地区対抗戦!

中邑が復帰した途端、反体制アピールという行動に出て、なんだか
「うーん・・・こういうキャラできたか・・・」と軽くガッカリ感を覚えたのに
加えてサイモン社長もアレはアレでどうにもおかしな行動ばかりで、
期待していたものが冷めてしまった新日本プロレス。

しばらくはノアでも見てヒッソリと復帰した橋誠を応援するかな、と思って
いたのですが、意外なニュースに再び興味が湧いてきました。

■最強の“地域”はどこだ? 新日本プロレスが地区対抗戦開催!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061006-00000030-spnavi-spo

地区別対抗戦ということは、ジュニアもヘビーも混在で本隊もCTUも
垣根なしってことですよね。これはなかなか面白い。普段は興味ない
選手でも自分の地元選手として出るんだったら俄然応援しちゃうし。

なんか地味な企画だけど、甲子園とか好きな僕にとってはこういうのは
嬉しい限り。埼玉方面はどういうメンバーになるのか分からないけど
かなり楽しみです。

この企画は年に一回くらいで定期的にやってほしいな。
出来ればフリー選手や他団体も巻き込んで大きな興行に発展して欲しい。
普段なら絶対絡まない意外なコンビが出てくると思うし。

新しい新日本プロレスの方向性に改めて期待します。



でもこういう方向性はどうなんだろう・・・w
http://www.g-com.jp/inokifoodsbusiness/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

われらのキング

サッカーJ2が残り10試合を切って、上位3チームが勝ち点で
4位以下を引き離しつつありますね。

今のところ横浜FC、柏、神戸の順です。
横浜が昇格するとカズや城など旧日本代表が再びJ1に戻ってくる
わけですから期待が膨らみまくりです。キングカズ復活のため
今日から横浜を応援しますよ!また城と一緒にデカビタのCMに
復帰してくれ!!

「やっぱキングの称号が似合うのはカズだけだね」
「ですねヒデはチーム内では浮いてたらしいし」
「まあ、漫画タイトルではやたら『王』がつくのがあるけど」
「夜王ですか」
「なんか嬢王とかいうのもあるんでしょ」
「ああ、夜王がヒットしたから便乗したやつですね」
「他にもショッキング(食王)やらシャッキング(借王)とか」
「うう、ダジャレだ」
「いっそドッキングとかやってほしい」
「女と片っ端からセックスしまくるイメージが」
「権力者っぽいでしょ」
「でも漢字で書くと『独王』なんですよね」
「ヒキコモリ王か」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

久しぶりに美術館へ

今描いてる絵がようやく完成しそうなので、昨日は久しぶりに
外出してみました。

まず朝にウォーキングで9キロ。
シャワーを浴びてメシくって少し休憩したらお昼過ぎになったので
いざ上野公園の国立西洋美術館へ。

ベルギー王立美術館展見てきました。
http://www.nmwa.go.jp/jp/html/event.html
さすが土曜日、上野公園は全体的にお客が多かったですが、意外と
ベルギー展は混雑していませんでした。みんな科学博物館のエジプト
展とか上野の森美術館のダリ展を見に行ってたのかな。ちなみに
僕はその二つはスルー。エジプト展は予約制だし、ダリはあまり
好みではないので。

で、ベルギー展の感想はまあまあよかった、という感じでした。

もちろん素晴らしいクオリティですし大きい作品が多かったので
見ごたえは十分、点数もけっこうありましたので内容としては
充実していると思います。

が、個人的には彩色に多用されている灰色と褐色の中間色があまり
好きではなく、構図的にも遠景のものがたくさんあったため、
ちょっと期待していたものと違った、というのが正直な感想。

まああくまで個人的な好みですので、一般の人に対するレビュー
というわけではありません。それに朝の9キロウォーキングの
疲れで早々に足がバテバテになって気持ちの余裕もありませんで
解説文を読む気力もありませんでした。ちと失敗したなあ…。

それでも静物画などは息を呑むほど素晴らしかったし、人物の
表情の豊かさなど惹かれるものもありましたので、図版を買って
みたのですが・・・印刷が暗い。

今回の一番のマイナスはこれです。
全体的に印刷されている色調が暗めで、ホンモノでは色鮮やかに
見えていた箇所や細かく書かれている箇所が潰れているもの多数。
非常に残念です。

以前東京都美術館で開催されたプラド美術館展が展示内容も図版も
かなり満足いく内容だったのでどうしても辛口な評価になって
しまいました。

その後は時間も中途半端だし、どうしようかと思っていたのですが、
恵比寿の東京都写真美術館で橋村氏という写真家さんの面白い
写真展があることを思い出して、痛む足を叱咤しつつ遠征。恵比寿と
上野って山手線で真反対なのね。

http://www.syabi.com/details/hashimura.html
マジで足がやばいことになりつつもなんとか展覧会に入りました。
テーマは水の動きを瞬間的に切取ったものが多く、芸術という
よりもエンターテイメント的な分かりやすさがあって、いい感じ
でした。展示の写真もかなり大きく引き伸ばしてあって迫力あるし
ガラス細工のように輝く一つ一つ泡まではっきり見ることが出来ます。

点数はモノクロも含めてわりとたくさんあったのですが、モノクロ
写真は全然作風が違って、よく分からないものが多かったので
あまりしっかりとは見れませんでした。カラーの点数をもう少し
増やして欲しかったかな。

と、ここまではまあよかったので、例によって図版を買おうかと
思ったら、なんとカラーとモノクロ別々に出てるじゃありませんか。
しかもそれぞれが約9000円もしやがるの! ぶったまげたよ。

写真愛好家って高価な機材やレンズ買うから経済感覚が狂って
んじゃないのかと思いましたね。そりゃ展示会には無かった作品も
収録されてるし写真集としても珠玉の出来だとは思うけど・・・。
普通、図版や写真集って1500円~3000円くらいだからなあ。
なんかイベントに来たんだから、って勢いで買わせる感じがあって
まるでコミケの大手サークルさんがやってる商法に見・・・あ、
いやいやなんでもないですないですよないですってば。

でもホントいい写真が多かったので、せめて一冊4000円だったら
カラーのほうだけでも買ったかも・・・あ、いや、やっぱ3000円だ。
電話代払ったらお金残ってない…うう…。

あとロビーで橋村氏本人がいて、女性客二人と大声で何か喋って
いたのですけど特にそれにも興味が湧くことも無く。むしろ
ウルセエなと思うくらいでノコノコ退出。

うーん、しかし作品集が手に入らない価格だとは思わなかった。
ちょっとハズレだったかなあ。

外に出ると既に夕方になりかけていたので飯でも食って帰ろうと
思って駅方面に向かうも、もう足が動かない。恵比寿駅名物の動く
歩道の上で一歩も足が動きませんでした。

確か駅前に大戸屋があったなあ・・・と思い出してズルズルと足を
引きずりながら向かったはいいものの、ビルの3階にあるのを
見て気持ちが折れてしまい、結局地上にある吉野家に向かう始末。
もうこの時間は牛丼は無いのが分かっているのに妥協するダメ人間。

向かいに座っている小太りなサラリーマンが豚丼(並)と卵を
2セット頼んでかっ食らってました。恵比寿のサラリーマンすげえ。

そんなこんなでようやく家にたどり着き、万歩計を見たら本日の
トータル距離は約14キロ。よく頑張った! 文化的なようで
実はめっさ体育会系な休日でございましたとさ。

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

●ンブルローズ

女子プロレスの正式スポンサーにもなっているソフトオンデマンド
から素敵ビデオが出ました。

M02_2

モンブルローズ。
えー。左側です。多分。

巷では松浦●やそっくりだと噂されている主演の紋舞らん
(もんぶらん)が好きだったりしますし、キャットファイトモノも
ドキドキしちゃう体質なので、購入前の調査ということで
グーグル先生経由でレビューをチェック。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~bso/main/dust/mon.htm
(エッチシーンのキャプチャーはありません)



うーーーーーーーーーーーーーん・・・・・・・。



いやいや、やっぱエロシーンがないとイマイチ判断つかないというか
買う勇気が出ないなー。もしかしたらドラマパートは激寒でも、エロ
バトルシーンはものごっつアツイノンストップエロエロアクションセックス
満載かもしれないし!

頼むよグーグル先生! 
頑張ってエロシーン探してよ!
検索検索検索検索・・・・・・


そして!

やっと!

キャットファイトシーンのキャプを発見!


M04



キャットファ・・・

M05



ファ…
M03



(´゠ω゠`)




ご購入・詳細はオフィシャルサイトへどうぞ。ムービーもありますよ。
http://www.naturalhigh.co.jp/r1/detailes.php?id=NHDT-214 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

続・女性に出来ないスポーツ

先日の日記の続き。

「たなさん、F-1どうですかね」
「鈴鹿?」
「いやいや、女性のF-1ドライバーっていないんじゃないですか」
「ああ、F-1てスポーツに分類されるのかー」
「モータースポーツですからね」
「んー、ちょっと調べてみよう」

・・・・・・・
・・・・・
・・・

アッサリ見つかったよ
「うう、いましたか」
「残念ながら本戦には出てないけど、制度的には問題なさそう」
「これから女性ドライバーが増えて欲しいですね」
「うむ、なんかカッコよさげだ」
「シャンパンファイトでビショビショでヌレヌレですよ」
「ピットインがエロそう」
「男がかいがいしくタイヤ交換してガソリン入れてる間にメイク直し」
「女王様プレイだ」
「でも問題もありますね」
「何が」
「レースクイーンは男なんですかね」
「うん」
「いや、股間モッキリ筋肉ムキムキな男がねり歩いてんすよ」
「うん」
「・・・・・超兄貴が」
「うん  まさにキラークイーン」
Queen_1984_0009

「フレディー!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

女性に出来ないスポーツ

いやー女子レスリング凄いですね。
実はこっそり伊調姉妹のファンだったりします。
顔は妹さんが可愛いなと思うんですが、お姉さんのサクセス
ストーリーもまた惹かれます。その他の選手も北京オリンピックに
向け頑張って欲しいものです。

そこでふと思ったんですが女性に出来ないスポーツって
あるんでしょうか?

プロレスはもちろんのことボクシングや総合格闘技だって女子
部門はあるし、伝統的に女人禁制と言われている相撲以外は
基本的に現在は何にでもチャレンジできる環境ですよね。
もちろん競技人口や集客などの面でプロ化は出来ないものも
多いわけですけど…。

と、チャットで聞いてみたところ意外な答えが。

「相撲だって女性がやってますよ」
「え? それってちびっこ相撲大会とかAVの企画モノじゃ…」
「いやいや江戸時代からちゃんとあったんです」
「あ、聞いた事ありますよ。大奥で将軍様がやらせたんでしょ」
「そういうエロい遊びじゃないですよ」

S01
※天童市八幡神社に奉納されている女相撲絵馬

「うう…でもこれって神社の単発イベントだよね」
「ちゃんと番付もあったみたいですよ」
S02
※歴代横綱

「マッチョなサザエさんが…」
「女人禁制にする理由がわかる気がしますね」
「四股名はなんだったんだろう」
こんなのじゃないですかね」
「股濡山を応援したい」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 4日 (水)

コミケ受付ハガキがきました

冬コミの受付ハガキが到着。
おそらく書類不備は無いと思われます。

が、ちょっとお仕事が詰まっているので本が作れるのか
かなり不安。当選したらなんとかして出したいけど…。

いちおうやりたいネタはあるのですが。おっぱいとか
ふたなりとかアレとかアレとか。

とりあえずはお仕事を最優先で頑張らねばー。
_1_2
いまこんな感じの絵を描いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

夫婦愛はどこに

巨人の黒田選手が戦力外となったそうですね。
確か黒田の奥さんは新山千春だったはず…。

と、確認のためにWikiを見てみると
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%96%B0%E5%B1%B1%E5%8D%83%E6%98%A5&oldid=8025100

>夫は元読売ジャイアンツの黒田哲史。
>(中略)
>夫が解雇されたため、今後離婚するかどうかが注目される。

この注目の仕方は失礼だろw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 2日 (月)

ミイラと古代エジプト展

国立科学博物館で今月7日から開催されるエジプト展。
http://www.asahi.com/miira/index.html
おそらく相当混雑すると思いますけど、久しぶりにこういうのも
行ってみたいと思って楽しみにしていたんですけど…。

これ、チケットが日時指定となっているんですよね…。

いくら混雑対策とか展示品保護対策とはいえ美術館・博物館で
こういうのは初めてききましたね。入場2日前迄にローソンチケット
JR東日本みどりの窓口、チケットぴあ等で買わなきゃならない
そうです。なんか3Dシアターとかあるから、入場規制しないと
余計混乱するのかもしれないな。

当日券も一応あるけど、会場でのみ販売で数に限りがあるとの事。
なくなってたら無駄足かぁ。

僕の場合、こういう展示会には不意に思い立って「ちょっと気分
転換に行ってみようかな…」なんて感じで行く主義なのでこういう
堅苦しい規制があるのはちょっと冷めるなあ…。まあ、人気がある
展示会だし、恐竜博の時みたいに寒空の下いつ果てるとも知れない
入場待機列に並ぶのもイヤだけど。

んー…まあ来年2月までやってるみたいだから年明けあたりに
行こうかな。覚えてたら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

米沢代表逝去

http://www.comiket.co.jp/info-c/C71/061001.html

コミックマーケットの代表を務めていらした米沢氏が肺がんのため
本日亡くなったそうです。

氏にはお会いしたことも見掛けたことすらもないのですが
毎回コミケットアピールに書かれている挨拶文は毎回興味深く
読んでいました。

コミケの運営に関しての問題点や参加者に対するストレートな
注文や警告、オタクへの偏見や低年齢層への犯罪増加などの
社会情勢によるコミケや表現の自由への危惧など事象を客観的に
捉えた上での温かいメッセージだったのが印象的でした。

コミケの運営は長い歴史があるので、経験やマニュアルによって
これからも変わりなく続いていくとは思いますが、古参のスタッフや
サークルにとっては何か求心力のようなものが無くなってしまって
いるかもしれません。

漫画・同人に愛情を注ぎ続けてくれた米沢代表の思いをスタッフや
サークル、一般参加のみんなで引き継いでいければいいですね。

今年は作家や声優の方々も次々と亡くなられまして本当に残念です。
不謹慎かもしれませんが、天国でみなさん仲良く漫画やアニメ談義に
花を咲かせてくれたらいいなあ、なんて思ってしまいます。

米沢代表、本当にお疲れ様でした。
そしてありがとうございました。

さようなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里見八犬伝プレイ

久しぶりにツボったスパムが来たので紹介。

                ◆ ◇ ◆

わたしの家には1匹の犬がいます。
わたしが14歳の時にこの家に養子にもらわれてきた時はその犬は
仔犬だったのですが、どんどん大きく成長していって今ではわたしの
背ほどもあるくらいに成長しています。
とても懐いているのですが、最近この犬の行動が変なのです。

今朝、起きたときの話を聞いて下さい。
朝のまだ薄暗い頃、半分夢の中にいたわたしの耳元で物凄い
息遣いが聞こえることに気付き、ぼんやりと目を開けるとわたしの
体をを両足で抑え付けてわたしの股間にこの犬は自分の股間を
こすりつけていたのです。

「やめてっ!」と言って無理矢理押しのけてやめさせたのですが、
犬の股間を擦りつけられたわたしのあそこが無意識のうちに
濡れている
事に気がつきました。

でも、こういうことは今朝だけではなくこれまでも何度かあったのです。
養子という事もあり、自宅に彼氏呼ぶといった行為がどこか後ろ
めたいように思えて今まで好きな人も作らず処女のままこの家で
生活をしていたのですが、この犬の行動がわたしの中の女の部分に
火をつけてしまったのか・・・最近では体が疼いてしまって・・・。

もう、この犬にわたしの体を好きなようにさせて、いっそのこと交わって
しまえば
とすら考えるようになってきているのです。でも出来る事なら
最初は人間の男性
としたいという願望が捨てきれません。

犬に犯されるよりも先にわたしとしていただけませんか?
生活させて頂いているこの家は比較的裕福で毎月のようにおこづかいも
下さるのですが、今まで使った事も無いので少しはお礼なり出来ると
思います。

あまり大金を期待されてもご希望には添えないとは思いますが・・・。

お近くの方ならすぐにでもお会いしたいです。
もし、わたしの小さな欲望を満たしていただけるなら、もう少し詳しい
お話がしたいのでXXX@XXXXXXへお返事下さい。

こういった家庭の都合上、本名はすぐにはお伝え出来ないのですが


わたしの事は伏姫と呼んで下さい。



                ◆ ◇ ◆

獣姦する気満々だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »