« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

おつかれさまでした

今、打ち上げ終わって帰宅しました。

本日も残すところあとわずかですが、大晦日に会場まできて
くださった皆様、誠にありがとうございました。
夜勤病棟というマイナーな元ネタだったにもかかわらず、
たくさんの方々に手に取っていただけたのがとても嬉しい
かったです。本当にありがとうございました。

ブリーチの折本に関しましてはお渡しできなかった方々には
申し訳ございません。いちおう、これくらい売れるかな、と
想定した部数は持っていったのですが、やや足りなかった
ようです。すみません。

あと、お知り合いの方々にご挨拶に行けなかったのも申し訳
なく思っています。逆にスペースにたくさんの方々が来て
くださって……恐縮です。今回はバタバタしていましたが、
次回当選したら、今度は余裕を持って挨拶回りできるように
努力します。

本当に寒い中、ありがとうございました。
コーヒーやのど飴、オニギリ、お菓子…その他たくさんの差し
入れもありがとうございます。のど飴はスタッフ一同、声をからして
いたので本当に助かりました。

みなさんありがとうございました。
また来年も元気に顔合わせできるといいですね。
では、よいお年を!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

いよいよ明日ですね

いよいよ明日です。
もうコミケ参加は何度も回数を重ねているというのに前日は
緊張しまくりです。事故も怪我もトラブルもなく済みますように…。

会場では、うすぼんやりと売り子をやっておりますのでお気軽に
お声掛け下さい。あんまり外出もしないと思います。BBSにいつも
書き込んでくださってる方やミクシィで訪問してくださってる方は
HNを言ってもらえるとより嬉しいですね。

書店委託に関しては、もう虎の穴の倉庫に入庫はしている
ようですが、なんせこのシーズンは取り扱い品目が多いので
実際店頭に並ぶのは虎の穴の社員さんの手際次第、という
ことになります。早ければ明日ですが、もしかしたら年明け
になっちゃうかも……? できるだけ急いでね、という要望は
出していますので、会場にいらっしゃらない方はお近くの
店舗で手にとっていただけると嬉しいです。


ということで明日に備えて寝まーす。
ではでは-。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

仕事納め

現在進めているお仕事の年内進行分が終了ー。
続きはコミケ後ということで! ふー、イベント前になんとか終わったー。
よかったー。

あとは当日まで体調を整えて臨みます。
みなさんと会うのが楽しみ。
お気軽にお声がけくださいね。よろしくですよー。

みなさんも体調に気をつけて!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

仕事中ー 2

の休憩中。いつものテイストでラクガキ。

Gero

ゲロです。エロです。ノロウイルスに気をつけて。

ああ、B子ちゃんはこのあとどうなってしまうのかー!



つづく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

山崎あつし先生が亡くなったそうです

マンガ家の山崎あつし先生が12/23に亡くなったそうです。
天魔は毎月編集さんから送ってもらっていまして、コンスタントに
作品を描かれていたので、突然の訃報に驚いています。

ネットで見た情報では、自動車での事故だったとか。
単行本を出したばかりで、同人イベントで新刊を出される目前
だったのに…。残念です。

ご存命だったころには、自分が天魔に描いている漫画で
あつし先生のネットでネタにされている効果音などを
(許可をもらったうえで)ネタに使ってみたいなー、なんて
馬鹿なことも考えていましたが、まあ、こうなってみるとそれが
どれだけ顰蹙を買う行為なのか、今さらながら思い至り、
自分が情けなくなります。

ご存命中にお会いしたかったです。
心よりご冥福をお祈りします。


そのほかにも、今年はたくさんの方々が亡くなりました。
あつし先生の情報をたどって行く中で、某掲示板に著名人の訃報リストを
見つけましたので転載させてもらいます。



1/2 近藤貞雄
1/6 加藤芳郎
1/29 ナムジュン・パイク

2/6 戸谷公次(北斗の拳『ジャギ』)
2/8 伊福部昭
2/11 ピーター・ベンチリー(ジョーズの原作)
2/24 デニス・ウィーバー(警部マクロード)
2/26 佐々木守

3/2 久世光彦
3/21 宮川泰
3/23 徳田ザウルス(マンガ家 『ダッシュ!四駆郎』他)
3/24 リチャード・フライシャー
3/27 スタニスワフ・レム

4/1 松本竜助(かっての「紳・竜」)
4/1 アイ高野
4/11 小笠原弘(旧名「小笠原竜三郎」)
4/29 沼田曜一
4/29 ジョン・ケネス・ガルブレイス

5/7 曽我町子
5/29 岡田真澄
5/30 今村昌平

6/19 森塚敏
6/23 今田智憲
6/24 川合伸旺(時代劇の悪代官)
6/26 黒田寛一

7/7 野本礼三(ドラゴンボールZ『老界王神』)
7/7 シド・バレット(ピンク・フロイドのオリジナルメンバー)
7/10 甲斐智枝美
7/29 斉藤智晴(超兄貴のキャラデ)

8/6 鈴置洋孝
8/23 関敬六

9/10 犬丸りん
9/16 上之郷利昭
9/17 曽我部和恭
9/18 〆さばヒカル
9/21 桂文春(文珍一門)
9/24 丹波哲郎
9/26 市川昭介
9/30 多々良純

10/1 米澤嘉博
10/9 西山登志雄(カバ園長)
10/20 藤岡琢也(うる星やつらビューティフルドリーマーの夢邪鬼)
10/22 ばってん荒川
10/29 武藤礼子(ノンノン)

11/3 内山田洋
11/4 清水キョウイチ郎
11/10 はらたいら
11/12 村田渚(元「フォークダンスDE成子坂」)
11/15 石川賢
11/16 仲谷昇
11/23 灰谷健次郎
11/27 宮内國郎
11/29 実相寺昭雄

12/9 まさお君(「ポチたま」の旅犬)
12/13 井上義啓(週刊ファイト)
12/17 岸田今日子(ムーミン)
12/18 ジョセフ・バーベラ(ハンナ&バーベラ創業者)
12/20 青島幸男
12/20 中島忠幸(カンニング)
12/23 山崎あつし
12/25 ジェームス・ブラウン



存じ上げない方も多数いらっしゃるのですが、しかし、本当に
たくさんの方の訃報を見聞きした年でした。チャットやミクシィなどで
「ご冥福をお祈りします」というコメントを何度見たことか。

こういう書き方をすると非常に不謹慎ではありますが、あまりにもこんな
ニュースが続きすぎたので、今年前半くらいに亡くなった方の訃報は、
当時は「えー?!」と思っても、いまとなってはもう記憶から消えていたり。

悲しいものですね。

残り数日は有名人だけではなく、僕自身や家族、知人、そして皆さんの
身辺に何事もないことを祈ります。

| | コメント (0)

仕事中ー

・・・の休憩中。新境地に挑んでみました。

Youjo

ロリです。鬼畜です。外はようやく雨上がり。

ああ、A子ちゃんはこのあとどうなってしまうのかー!



つづく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

デリケートな問題だけど…

<発信者情報>同意なしで開示へ ネット被害で業界が新指針

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061226-00000010-mai-soci

一概に賛成・反対と言えない問題。
ネットの自由がどこまで制限されるのか不安もあるし、生活が
グチャグチャになっちゃうほど酷い誹謗中傷をされる可能性も
ゼロじゃないし。

一般からの意見をどのように募集するのか興味深い。

あと今や2ちゃんねるを越えたといわれているミクシィサイドは
どのように対応するのでしょうかねー。会員数と企業倫理の
狭間でどのようなスタンスを取るんでしょうかねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

年末の格闘技イベント

とある駅のホームで、夜の寒さと独り身の寂しさに打ち震え
ながら電車待ちをしていると、ホームのベンチに妙なカップルが。

男はベンチに座り込んでグッタリ。まるで酔い潰れているかのよう。
女はその男が立ち上がろうとするたびに、ベンチに押し倒すように
押さえ込んでいる。

傍から見れば、まあ、クリスマスにテンションあがった二人が
周囲の目も気にせずじゃれ付いてるようにしか見えない。くそう。
見せ付けやがってー。ノロケまくりじゃんかよー。てめえら
ベッドの上の格闘技の余韻を引きずりやがってよー(オヤジ風
ジェラシー)。どうせこっちは夜中まで仕事の打ち合わせだよ!

とか思ってたら、不意に。

―――― ゴッ!

「え?」

妙な音に振り向くと、女がベンチの男のヒザの上にまたがり
真正面から抱き合ってます。傍から見れば、まさにラブラブ…

―――――ゴッ! ゴッ!!

女「一緒に行くって言ったじゃんかよ!」
男「うぜえんだよ ボケぇ どけよ!」

―――――ゴッ! ゴッ! ガゴッ!!

女「痛くないもん! 言ったじゃん! 約束したじゃんか!」
男「どけッつってんだろぉ!」

女は半マウント状態で男の顔面にパンチ+ヒジの連打。
男は女にラビットパンチ(ボクシングで反則となる、クリンチ
状態からの後頭部~耳の後ろあたりへの打撃)の嵐。

ベアナックルが頭蓋骨を揺らす音をホームに響かせながら殴り
合う二人。一歩も引かず打ち合ってます。まるであの伝説の
ドンフライ・高山戦の様相です。

―――――ドシッ! ビシッ! バシィッ!!

そしてようやく立ち上がったかと思ったら、今度はローキックと
ミドルキックの応酬。電車が来るともつれ合うようにして車内へ
消えていきました。

「・・・・・・・・・」

静寂に包まれるホーム。
一瞬吹き荒れた熱い風は再び身体の芯まで凍てつかせる寒風へと
変わっていったのでした。

もう年末のPRIDEとか見なくてもいいや…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

コミケ情報訂正です

コミケで委託するアイドルマスターの同人ゲームですが、全年齢向けではなく
18禁モノだったようです。僕の勘違いでした。すみません。

内容については僕も詳しくは把握していないのですが、もしもう少し詳しい
情報が入手できたら紹介しようと思います。


Zonbi01

この絵は某所のチャットで時々お話する人丸氏のコミケ新作の
キャラ。詳しくはこちら>http://hitmaru.sakura.ne.jp/

ロリも描いてみるとなかなかエエのぅ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

パプリカもう一回見てきた

昨日、お友達を誘ってもう一回見てきました。

やっぱおもしろーい。

絶対DVD買う。もう決定。

でも自分的には最初見たときでもスッと物語を理解して入り
込めたんだけど、お友達は場面展開の速さに戸惑って追い
かけるのが大変だった模様。

なるほど。確かに言われてみれば、事前にオフィシャルサイトで
世界観とかあらずじを見てなかったら、じっくり楽しむことは
難しいかもなあ。

でもまあ、楽しんでもらえたようでよかった。平日だったんで
劇場も混んでなかったし。クリムトの敗北分を取り戻してきました。

ただ不満点があるとすれば……パプリカ始まるまでの予告編が
長い! 長すぎる! 10本以上の映画予告を延々と流されて
本編始まる前に疲れちゃう。あれはもう少し何とかならんかなあ。

その後はヨドバシアキバのカレー屋に。
実はここ最近ちょっと凹むこととか悩むことが続いていたので
メシ食いながら相談に乗ってもらったり。

ちょいと心のメンテをした日でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

ガッカリな一日

※ちょっと今日の日記は支離滅裂で言葉がすぎる部分があるかも
しれませんがご容赦下さい。

昨日は、以前から行きたかったスーパーエッシャー展と
映画クリムトに行ってきました。
両方とも同じ渋谷の文化村で開催されていたので一石二鳥。

まずエッシャーはミクシィの美術館コミュで情報収集したところ
とにかく人が多い!とのこと。特に土日はダメ。平日でもわりと
多めだということだったので、平日のど真ん中である木曜日の
昼食時に時間設定して行ってみました。

結果、客はたくさんいたものの、作品が見えないほど混雑は
しておらず、全作品を見て回ることができました。

で、感想というと…

んー…なんか期待はずれ……。

騙し絵にしても版画にしても、ほとんどのサイズが非常に
小さい。版画とはもともとそういうものらしいのですが、
正直「これだったら図録をガン見したほうがいいかも…」
という感じ。

もちろんクオリティは総じて高いんだけど、緻密な書き込みが
まず見えない。たとえば色鮮やかな西洋絵画だと大きなキャン
パスで書き込みやタッチをよく見れるし、図録などの印刷物と
色調が全然違って見えるので、本物を見ることはなかなか刺激
的だったりするのですが、モノクロはあまりそういうのが無くて
なんか釈然としない想いでした。

エッシャーの代表である「騙し絵」も、思ったより点数が無く
ほとんどが知っているものでした。もちろん解説を読んで初めて
知るエッシャーの遊び心もあったりして収穫はありましたが
それらも図録や解説本に描いてあれば事足りるかな…。

結局、なんかこのまま帰るのは癪だったので、図録を買って
帰りましたが、これがまた高い……。2500円だって。図録って
2000円越えることあんまりないんだけどな…。渋谷相場って
ことかしら。

んで、そのあとクリムトへ。

時代が嫉妬した天才画家の半生を描くドキュメンタリーとか
謳っていたんで期待値マックスだったんですが。

あー……ナニコレ……。

・半生どころか晩年のわずかな時間のみの描写。

・映画のメインは絵画ではなく女性をたらしこむシーン

・しかも登場人物が実は走馬灯に現れた幻のキャラたちが混在し
すでにドキュメンタリーとしての体をなしていない。

・絵を書くシーンはもちろん、絵画そのものもほとんど出てこない

・クリムトの変人性を描くために奇天烈で難解な映像構成に
 しているため、正直、クリムトがおかしいのか監督が変人
 なのか分からない。主人公クリムトじゃなくても困らない。

・キャラの伏線の張り方、オチが幼稚かつ古臭い。
 アニメ専門学校出たばっかりの新人シナリオライターが
 考えたオレが考えた斬新的ナオシャレシナリオエロゲだけど
 類似品はとっくの昔にワゴンから溢れてるぜ的な感じ。
 すごくヒドイ言い方だけど、そうとしか思えなかった。
 クリムトが哀れ。いっそのことテレビ番組の「知ってる
 つもり?」とか「世界遺産」みたいなテイストでまとめて
 もらったほうがよっぽど感動できる。
 
・最初の5分でオチが分かる。そのくせやたら冗長。

という感じで心身ともにグッタリ。

でもいいこともありました。
文化村のすぐ近くでラーメン屋に入ると、これがすごく美味しい!
風来居というお店です。http://www.fuuraikyo.com/
どうやらわりと有名店らしいんですが、渋谷店は駅から離れて
いることもあり人が少なく快適でした。外食ラーメンでスープを
全部飲んだのなんて久しぶり。塩ラーメンの味は非常にまろやかで
美味しいです。お勧めです。あと会計すませて店を出る客に
「いってらっしゃい!」と言うのがなんか風変わりで、かつ
聞いててなんか気持ちよかったです。

というわけで、クリムトの敗北感を打ち消すためにもう一回
パプリカを観に行くことにしました。

しかし、こういうリスクがあるから、展覧会や映画ってうかつに
友達を誘えないんだよなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

パプリカ公式サイトが…!

あらためて公式サイトを詳しく見てみたら、なんとなんと
すごく凝った仕掛けが満載!

妖精をクリックしてコンテンツにある仕掛けをクリアしていくと
劇中にあったバーに行けて、監督についてのクイズや人気投票、
そしてDCミニを奪い返すミニゲームなどが楽しめます。
クイズやミニゲームをクリアすると、パプリカの隠しギャラリーが!

Dcmini3
おお、RADIO CLUB!
おや、真ん中にいるのは……もしや……

Dcmini2

あなたはパプリカ派? 千葉派?
僕は断然千葉派です。負けるなあっちゃん!



さらにさらに、一度それをクリアして再度アクセスすると、
今度はサイトが夢の浸食を受けて大変なことになってたり。

Dcmini
文字がさかさまに。コンテンツタイトルも動き回ってる!
音楽も変わって…下に流れている文字は確か……


それを解除するために、今度もちょっとしたゲームをこなし、
サイトが正常に戻ると御礼として壁紙ダウンロードが出来る
ようになっているという・・・・


遊び心満載で面白いです。
ここまでやると気付かない人多いんじゃないかな。

ただ、ややネタバレ要素が含まれる仕掛けもあるので、映画を
見てから隠しコンテンツを楽しむのが一番いいかも。


あと、この映画を見たせいか、昨晩はものすごい夢を見て、
夢の中で「これ…夢だよな…」とか漫画みたいなセリフを
言ってる自分がいて笑えました。

まあ、冬の新刊同人誌が全部ハガキサイズで仕上がってくる
という
寝汗びっしょりな悪夢だったんですけど。


いやービビった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

パプリカ見てきました

新宿まで出かけて、気になっていた映画パプリカを見てきました。
http://www.sonypictures.jp/movies/paprika/

結論:も う 最 高 。

もうとにかく最初から最後まで駆け抜けていくような。
90分が息もつかせぬ展開で、もう、もう、言葉が無いって
いう感じ。重くもなくお涙頂戴もなく、とにかく明るく、かつ
スピーディーで、ケレン味たっぷりな大活劇。

すみませんね。
見たばっかりで信者っぽい痛い感想になってますけど、
今もまだ胸が一杯です。音楽も映像も演出もストライク過ぎて
怒涛の勢いで飲み込まれます。ヒロインの設定なんかあざと
すぎるくらいなのに、くそう、ああもう、この歳で林原キャラに
萌えたよ! 萌えたよ! 悪いかよ! あっちゃーーーん!

映画を見る前に、オフィシャルページで予告編を見ていた
ときは、アクション映画でよくある「美味しいシーンを全部
デタラメに繋ぎ合わせて面白く見せるけど本編見たら、それ以外の
アクションが皆無でガッカリなミッション インポ ッシブル
なパターンかも」という不安も若干あったんですがね…全然
そんなことない。むしろトレーラーでは美味しいシーンを上手く
避けているという感じ。

DVDも近いうちに出るだろうし、すごく欲しいけど、初回は
映画館のスクリーンで見たほうが絶対にいい。音楽もスクリーン
の大音量で聴かなきゃ魅力が半減しちゃう演出になっています。

とはいえ、ひとつ不満があったのは映画館の狭さ。
テアトル新宿の席数は260程度。それなのに客が多すぎて
前売りチケットを持っている人ですら整理券で順番待ちという
状況。まあ、日曜だったせいもあるでしょうけど、とにかく
人が多い。

そんなことを何も考えてなくてフラリと行った僕なんかは当然
後回しになるわけで、チケットを買えたのはもう満席になった
あとでした。僕と同様に当日券で入ろうとした人のほとんどは
立ち見はイヤだったらしく、その次の上映時間の整理券をもらって
いましたけど、僕は立ち見で入りました。まあ、正直、予告編が
流れている時は足がきつくて少し後悔していたんですが本編
始まったら関係なくなってましたね。身を乗り出してスクリーンを
凝視してました。むしろ前の席に座っている客の頭を気にせず
全画面を堪能できたのでラッキー。

他の客もエンドロールの最後までほとんど席を立つこともなく
まさに釘付け状態でした。もう一回続けて見たかったんだけど
一度外に出るとものすごい入場待機列が見えて断念。

もしこれから行く予定のある人で、ちゃんと席に座りたい、という
人は前売りを買った上で早めに行くことをお勧めします。

他にもこの映画のキーワードである夢についてや、映像について
語りたいことはいっぱいあるんだけど、それは書き始めると
ネタバレに繋がっちゃうのでここでは書かないとして…。

とにかく心の疲れがパアッと晴れる爽快な映画です。
例えるなら、ロナウジーニョのスーパープレイ集を見てるときの
うおおおお、なに?なんだこれ、すげえー!ってワクワクドキ
ドキする、あの感じに似てるかも。「今から凄いことが起きる」
と頭で分かっているのに、実際目の当たりにしたら自分の予想を
はるか越えてて「うおお オレすげえもん見てる!」って猛烈に
嬉しくなる感覚…かな。やばいな、なんか痛い信者みたい…。
でも正直、そう感じちゃったんだよなあ。

あと触手が出てきてヒロインを襲ったり全裸のロリが巨大化
したりするシーンもあって、そっち方面でもオレぁニヤニヤが
止まらなかったよ! ウヘヘ。

あー! もう一回観に行きたいよーぅ!!

■追記

あと 特別出演として
原作者の筒井康隆氏と監督の今敏氏が声優として参加してます。

どのキャラヲ担当しているのか…それを予想してみるのも
またひとつの楽しみですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうおしまいだ

なにもかもおしまいだ。

すべて終了。

折本入稿しましたー イエーイ おわったー。

サンプルアップしましたー。見てやってくださーい

あとは売り子さんにチケット渡してー。
書店に委託依頼書を送ってー。
宅急便で搬入する本とか小物を用意してー。
それをペリカンにお願いしてー。(19~23日にペリカン着注意!)
折本とポスターの代金入金してー。
家賃入れてー。
待ってもらってた商業のお仕事を……。

オワラネー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

折本

会場限定プレゼント用折本作成中。

ネタ決まりました。

Ori

ブリーチの夜一X砕蜂でっす。

上の絵は表紙です。タイトル未定です。何にしようかな。

内容はおっぱいでフタナリでスカで、えーと、まあ 猫X蜂本としては
よくあるパターンですね! >_</

けっこうギリギリでやってます。印刷所に間に合わなかったらコピー本に
なりますが。なんとか頑張りたい。

うおおラストスパァトぉ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

原稿できたー!!

オフセットの原稿、なんとか終わりました!
間に合ったー! ちゃんとベタもトーンもやったよ!

後日サンプル公開しますYO。

でもこれから折本用の原稿です。8Pあります。
ネタすら思いつきません。

ブリーチで描こうか…描けるか…?

早く終わらせて焼肉でも食いたいよ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

笑いの船出

コンビニでジャンプ読んできました。
ワンピースでとうとうフランキーが仲間に。
長かった今シリーズも終わり、いよいよ新しい冒険へ。

今回はメリーとの別れという号泣シーンがあったためか
フランキーの別れのシーンはとにかく爆笑。
本人たち泣いてるんだけどアホなキャラしかいないから
男臭くかつ爽やかな旅立ちのシーンでした。
こういうのもいいわな。

しかしロビンがだんだんルフィたちに感化されてるのか
下品になってきてて超萌えです。顔もなんか丸みを帯びて
きてるし。キ●タマ責めなんて…絶対同人でネタにされるって。

そういえばウソップはどうやって合流するのかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

修羅場ってます

コミケまで時間がないー!

というわけで、今、ガンガン修羅場中です。

BBSの返信も出来ずにごめんなさい!

ちょっとだけお知らせ。

■コミケ新刊のオマケ
今回は8Pのミニ冊子をつけます。
以前の日記で200円かなーとか書いたけど、やっぱ無料にします。
ただ、冊数全てに用意できるかどうか分からないので

お一人様につき一冊、という形になるかもしれません。
ならないかもしれません。どっちやねん。わかりません。
その日の現場で決めると思います。


せっかく年の瀬にビッグサイトまで来てくれるのですから、
お疲れ様、ありがとう、の意味も込めて。
ただ、オマケ冊子だけをお渡しすることは出来ませんので……。

■萌え萌え女神辞典が12/22発売に延期
えー お仕事情報では12/5発売予定になっているのですが
まだ出てないそうです。22日だそうです。


コミケの新刊は今月中旬にはサンプル公開したいです。
ってもう10日かよ! うわー。

愛情と劣情タップリに夜勤のヒロインを描いてますので
どうぞよろしくです!

それと印刷会社の受付が女性なんですげえ恥ずかしいです。
●ンコと●ンコと●ンコまみれの漫画を見て引かないで頂きたい!

無理か!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

表紙できた か な ?

とりあえず公開でーす。
夜勤病棟ですよー。主任さんですよ。礼美さんですよー。
テーマは「おっぱいとガラス」 ナンジャソラァ

なんか以前からチャレンジしてみたかったガラスをば。
イヤハヤ難しいです。不器用ながらなんとか描いてみました。

まだプリントアウトしてチェックしたり色調補正しないと
いけないんだけど、プリンターがインク切れしてたの忘れて
ましたよクハハ。オレノバカ!

最近、カラーイラストでここまでキャラを大きく描いて
なかったので思ったより苦戦しました。なんか背景や
ガラスの花(に見える?)よりもキャラのほうに頭を
悩ませ たり…。

あと、今回は会場限定の特典ハガキではなくて、8P程度の
限定本をちょろっとつくろうかなーと。販売単価200円くらいで…。
印刷会社に間に合わなければコピー本になるかも…? 

なんかいつも頼んでるはがき屋さんは、エロい絵柄のものは
取り扱えないそうなので、今回はおそらくダメかな…と。
ビーチク見えてますがなオキャクサン!


まあ、いろいろ未定です。

それよりも、まだ本文の作業がタンマリあるので頑張りまするよ。


余談ですが外付けHDDがカラカラと異音を出し始めたので
そろそろ寿命かも。マシンのほうも毎年冬になんらかの
トラブルが出るのでちょいガクブルです。 >_<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっかり寒くなりました

まあ12月ですから当然ですが。

家の中にいるとあまり季節を意識しないんですよね。
締め切りは気に病むほど気にしてますが。

外出してないなぁ…。
駅に向かう通勤通学の人たち見てびっくりした。
みんなコートとかマフラー着てるのね。
こりゃもしかすると、もうすぐ冬がくるかもしれませんよ…。


なんか余計な会話無しに黙々とカニ食いたいな…。


Kani

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

アヘ顔健康法

エロゲーメーカーのブラックリリスやアニメビデオのむらかみてるあき氏の
作品に必ず登場する「白目」と「舌出し」フェイス。
もう皆様の冬コミ新作にもデフォルトで搭載されている仕様かと
思われますがいかがお過ごしでしょうか。

しかし二次元作品では池袋駅の年末ジャンボ売り場のすぐ横で
唾液交換する男女どもの如くよく見かけるこの描写も、リアルでは
なかなか見かけないものですね。なぜでしょうか。わかりません。



女性にとってチョッピリ恥ずかしいからかもしれませんね。






チンコしゃぶった口でカウパー味のアミラーゼを舌で転がしながら
擬似フェラキャッチボールしているくせによ! ケッ!




しかし、そんな羞恥心を吹っ飛ばす映像が海外から届きました。


http://www.youtube.com/watch?v=efTEUKAXlws


見てお分かりの通りダイエットのためのエクササイズです。


どこからどうみても。


疑問の余地なく。



白目と舌出しは羞恥を煽るプレイどころか、むしろ女性にとっての
強い味方でしたね。「ザーメンはたんぱく質がタップリだから飲むと
健康にいいんだよ。お顔にぶっかけたらお肌ツルツルになるよ」

というトリビアを厨房のころにどっかのエロマンガで知って以来の
感銘です。

何の冗談なのよ、とお思いかもしれませんが、健康マニアが集まる
コミュニティでこの映像にコメントが寄せられていました。

----------------------------------------------------------
「苦しそうな深呼吸」のやつでしょうか。

健康法としての効果はありそうです。
息をいっぱいいっぱいの所まで吸って吐くということ自体に効果があるはず。
胸・腹・腰周りの筋肉も使っているようですし、ベロを出すのは顔の筋肉の
ストレッチにもなりそうです。

舌を大きく出すことは、山岳スキーヤー故三浦敬三氏
が90才を越えてなお毎日続けた健康法のひとつで、
あご周辺の筋肉を鍛えることで免疫力向上させるそうです。
----------------------------------------------------------

だそうで。
そんなマジメな回答期待してなかったんだけど、まあ、どうでもいいです。


そういうわけで、女性にとってアヘ顔は美容と健康にとてもいいそうですので
みんなこぞってやるがいいさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

さよならKID

http://mantanweb.mainichi.co.jp/web/2006/12/53000.html

うーん
同系統の会社の中でKIDが一番安定しているんじゃないかと
思っていたんだけど…ねえ。

リメンバー11の絵をいつか描くつもりだったのになあ。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

12月になっちゃいましたね

そう考えるだけで、なんともはや空しいというか。

毎日毎日あまりにも早く終わります。

なんかポッカリとココロが空虚になる感じ。

こういう時にペットでもいたら少しでも生活に変化が出るんだろうなー。

そんな独り言。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »