« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月21日 (月)

今週のブリーチ

エロオオオオオオおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!!


いやはや、ネムは簡単に復活するとは思ってましたけどね。
でもなあ、あんな、ある意味エロ同人みたいなことを原作が
やっちゃったらもう。

そりゃ少年誌だから具体的なことは何一つ描写されてないけど
ドエロなあえぎ声とヤバい擬音で「(漫画で)映せないこと」を
やったと言われたらもう。復活したネムは赤面してるは、太ももに
汁が垂れてるわで。たまらんな。そのあと、怪力で地面を掘り返す
ネム。ネムの能力ってパワーなのか。ネムの株がストップ高です。
たまらん。正直コンビニで笑いながら興奮して萌えた。こっちを
映画化してくれ。もうトーシローなんかどうでもいいから!


なんでこんなに面白いブリーチが、アマゾンのレビューで軒並み
ボロボロなくらい酷評されているのかサッパリ分かりません。

|

2008年1月20日 (日)

高校野球 入場曲

センバツ高校野球の入場行進曲がコブクロの「蕾」だそうで。

いい曲なんだけど・・・テーマ的にもテンポ的にも行進曲と
してはあまりフィットしないんじゃないの? と思って
しまうわけです。

調べてみると、まあ、昔からけっこうスポーツらしくないと
いうか脈絡の無いものが多かったんですね。

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E9%81%B8%E6%8A%9C%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E9%87%8E%E7%90%83%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E5%85%A5%E5%A0%B4%E8%A1%8C%E9%80%B2%E6%9B%B2&oldid=17356289

こうして見ると、時代の流れというのが見えて面白いものです。
戦時中に軍歌が使用されるのは、なるほどと思いますが、第一回が
星条旗よ永遠なれ、だったとは。

近年では前年のヒット曲を使う、というのが慣例になっているので
レコ大をとった曲なんかは、やっぱ第一候補に挙がりますわな。

リストを見ていると、やはり元気で爽やかな曲、ノリのいい曲が
選ばれたりしているのですが、たまに2003年の「大きな古時計」
みたいな「え?」って感じのものも混ざってたり。高校球児も
困っただろうなあ。

やっぱ僕としては「青春ライン」あたりを使って欲しかったです。
http://jp.youtube.com/watch?v=71HHg-oug4U

テンポを少し遅めに調整すれば、行進曲としてバッチリだと思う
んだけどなー。どうかなー。いっそのこと行進とかせずに、この
OPみたいに甲子園に駆け出して行くのはどうだろう。

学校名をアナウンスされて、「オッシャあ、いくぜ!」「オウ!」
みたいな気合一発、掛け声出して走り出して順番に並んで、その
勢いのまま選手宣誓、第一試合に流れ込む、ってにすればいいのに。

むしろこの方法は、ここ数年、猛暑続きの夏の甲子園大会のほうに
採用したほうがいいかもしれないけどね。

ちなみに夏の甲子園では、毎年、入場曲は固定なんですけど、別途
テーマソングというのは選ばれているんですよね。
http://www.geocities.jp/white_ivy39/song.html(去年はウルフルズ)

これはテレ朝の熱闘甲子園のテーマ曲でもありますが、流行よりも
夏や青春といったテーマに沿っている感じがあるので、TBSさえ
OKすれば、青春ラインが採用になる可能性もあるのかな、と少し
期待しています。

熱闘甲子園のあのオルゴール調アレンジでこの曲使われたら、めちゃ
めちゃ泣きそうな気がするわ。




ももかん、オッパイでけえなぁ…。

|

2008年1月17日 (木)

ブーメランと後悔

民主党の有名なブーメラン伝説を見て笑っていたことも
あったんですが
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51056265.html

最近、仕事で約3年前に自分がした振る舞いがブーメランと
なって帰ってきておりまして。

恥ずかしいやら、情けないやら、落ち込むやら…。

その相手も、正面切ってこちらに過去のことを責めてきてる
わけじゃなくて、いやむしろ、こちらにその出来事を気づかせ
まいとして、口をつぐんでいる状態だったりするんだけど、
会話の中で不意に出たあるキーワードをきっかけに、こちらが
気づいてしまって…アレ? この人はもしかして…あのときの
関係者か? ということは…僕はずいぶん無礼な振る舞いを
してしまって、そのことを今の今まで忘れたまま会話をして
いたのだろうか…していたんだろうな…その人は笑っていたけど
心の中では……笑っていなかったのかも……

と、まあ、久しぶりにベッコリ凹み。


僕の一方的な勘違いである可能性も無くは無い、けれど、
やっぱり相手が口をつぐんでいても自分としてはもう疑念が
沸いてしまっているので、白黒つけた上で、本当に当時の
関係者だった場合、謝っておきたい。謝らないと気になって
気になってモヤモヤして気持ち悪い。仕事はこれからも続く
んだし。でも、白黒つけちゃうことがかえって互いにギクシャク
した空気を今後も生んでしまう可能性もあるし、こっちが強く
言いたいことも言えなくなってしまうのか…も…このままで
いいのか? いいのだろうか……うーん……。


はぁ…何も気づかず意気揚々と会話していたあとに、こういう
ブーメランが来ると頭下げるのも気が重すぎるわ…。


そもそも、誤解だったとしてもだ。
僕の振る舞い自体が無礼であったか、そうでなかったか、という
ことではないんだよな。その人だったかどうか、というだけで
明らかに、僕は数年前に無礼な振る舞いを誰かにしている、という
事実を思い出してしまっているわけで。当時はそういう意識は
なかったけれども。


つまり、もし問い合わせて「誤解ですよ」と『シロ』がハッキリ
したとしても「じゃあ…誰だ? オレが謝らなければならない
相手は…誰だ?」という気持ちになってしまって、むしろ心の
決着をつけるには『クロ』であって欲しい、という気にも…
なったり…うーーーん……


本会議をいきなり欠席して「謝る? 何で?」とか開き直れる
強心臓とツラの皮を持っている小沢さんがブーメラン政党の
代表をやっている理由が良く分かった気がしました。


なんか気になって寝れない…。

|

2008年1月14日 (月)

泣ける映画ランキング雑感

映画を観にいきたいです。

今すぐに、というわけではないんですが、下記ランキングの中で、タイトルは知っている
けど見ていない作品が多すぎて。

本当に泣けるのかどうかは別。
泣けたとしても名作なのかどうかは別。
泣いても心に残らないものっていっぱいあるし。
でも、そういえば観てなかったな~と思うものがこれだけ並んで
いたり、痛いニュースのレスで「なんでコレがランクインしてない
んだ!」といろいろ挙げられていると、なんか触発されます。

とりあえず自分基準で
-------------------------------------------
●=映画館で見た作品
○=テレビ・ビデオ等で見た作品
◎=泣けた作品
-------------------------------------------
でチェック。

■大人が選ぶ泣ける洋画ベスト30 
【元サイト】http://www.tv-asahi.co.jp/ss/273/special/top.html
【痛いニュース】http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1079189.html

(ランキング抜粋)
1位「タイタニック」(1997)
2位「アルマゲドン」(1998)
3位「ゴースト~ニューヨークの幻」(1990)
4位「グリーンマイル」(1999) 
5位「ショーシャンクの空に」(1999) 
6位「アイ・アム・サム」(2001)
7位「ライフ・イズ・ビューティフル」(1998)
8位「E・T」(1982)
9位「ニュー・シネマ・パラダイス」(1989)
10位「シンドラーのリスト」(1993)

11位「フォレスト・ガンプ」(1994)
12位「戦場のピアニスト」(2002)
13位「A.I.」(2001)  
14位「シザーハンズ」(1990)  
15位「クレイマー・クレイマー」(1979) 
16位「ある愛の詩」(1970)
17位「ローマの休日」(1953)
18位「マディソン郡の橋」(1995)
19位「スタンド・バイ・ミー」(1987)
20位「愛と青春の旅立ち」(1982)

21位「アポロ13」(1995)
22位「レナードの朝」(1990)
23位「きみに読む物語」(2004)
24位「ロミオとジュリエット」(1968)
25位「ダンサー・イン・ザ・ダーク」
26位「フィールド・オブ・ドリームス」(1989)
27位「街の灯」(1931)
28位「グッド・ウィル・ハンティング」(1997)
29位「哀愁」(1940)
30位「ミリオンダラー・ベイビー」(2005)

うーーーーん…。8つしか見てない…。

しかも泣けた作品はアポロ13しかない…。
アポロ13は感動のあまり映画館で動けなくなってしまって、続けて
二回観てしまった作品。入れ替え制じゃなかったのがラッキーだった
なぁ。地球に帰還してなかなか繋がらなかった通信が通じた瞬間、
滝のように涙が出てきたのを覚えていますね。
Mixi 
こんな感じ。 (※画像はイメージです)

今まで観た映画の中で 一番泣いた作品。
僕がアンケート取られても迷うことなくアポロ13を推します。

しかし、天邪鬼な性格ゆえか、あまりに大作・名作・感動作と銘打
たれて大々的に公開されると引いちゃうのか、期待が大きくなり
すぎるのかあんまり感動できなかったりします。「いい話だな」とか
「なんて悲しいんだ…」とは思うんですけどね。

スタンドバイミーやETなんかは子供時代に見たという事情もあって
感動、というところまでなかなか行かなかった作品です。エンター
テイメントとして面白いか、という基準が第一の世代ですしね。ET
では特撮技術やギャグシーン、スタンドバイミーでは回想シーンで
でてくる紫色のゲロを大量にぶちまけるシーンしか覚えてないです。

その一方で、シザーハンズやゴースト、シンドラーのリストは大人に
なって見た作品ですが、「いい映画だった」って感じで終わった作品
でしたね。ゴーストは感動するよりも幽霊になって犯人を追い詰めて
復讐するシーンにちょっとドキドキしたことのほうが印象に残ってます。

フォレストガンプは日本で公開されたときに「~一期一会」という
余計なサブタイトルがくっついたせいで興味が無くなりました。
なんであんなことするのかね。最近はああいうの無くなったのかな。

エンターテイメントとして、すごく気持ちいい作品だったのは
ローマの休日。大学時代にエロビデオと一緒に気まぐれで借りた
ものだったんだけど、エロビデオの失敗分を補って余りある面白さ
でしたね。オードリーがかわいい…マジで…。

上記のリストにマークがついていないのは、タイトルは知っているけど
観ていないもの。あるいはタイトルすら初耳。興味の無いものもあれば
見たい見たいと思っているうちに公開が終わって結局見るのを忘れてた、
というものもあり。

フィールドオブドリームス、ダンサーインザダーク、戦場のピアニストは
見てみたいな。DVD安かったら買ってもいい。あと子供時代には
イマイチ良さが理解できなかったニューシネマパラダイスはもう一度
見てみたい。今ならもしかして泣けるかも…という予感がします。

|

2008年1月 9日 (水)

みなみけ

なんか作画が変わって大変なことになってるらしいですね。
もうチャットやらミクシィやらで大騒ぎです。

某マイミクさんによると2ちゃんねるでも大変な話題らしく
以下無断転載。
----------------------------------------------------------
みなみけスレも1時間で1スレ消費するくらいの勢いでしたし
見てないけどあの絵はないだろって言うやつがいたら「見てから言え」
って言われて、見たけどあの絵はないだろって言うやつがいたら
「じゃあ見るな」って言われたりして、ラオウ親衛隊並に理不尽でした。
----------------------------------------------------------


まあ、少し前から新デザインの画像は公開されていたので
チャットでプチ話題になっていたんですが、前作を見てない上、
原作も読んだことが無い僕としては「どっちも可愛いんだから
いいんじゃね? 何回か見てたらすぐ慣れるって」くらいしか
思ってなかったんですが「たなさん、夜勤病棟の6話以降に
作画が変わった時ものすごくガッカリしてたじゃないですか」
と言われて反省してます。みなみけ新スタッフゆるせない。

ゆるさんぞー。




http://www.gigapulse.co.jp/gpc_11.html#11vol1

もうゆるしてー。

|

2008年1月 8日 (火)

あー 年賀状かいてないー

毎年 来た年賀状に返信を出しているんですが、今年は配達が
遅かったせいもあり、未だに返信が出せていません。仕事が
忙しいんです。1/1が仕事はじめだもの。正直けっこうキツイ。

だからついうっかり定食屋とか吉野家でカロリーの高いものを食べて
しまうんです。仕方ないんです。

だからついうっかり定食屋とか吉野家で紙のナフキンで口を拭いた
つもりがソレ伝票ですよギャアーってなるんです。仕方ないんです。

だからついうっかり風呂あがりにサクセスのスプレーで抜け毛予防
するつもりが、エアダスターで空気噴射したり、ついうっかりスキャ
ナーの読み取り面をエアダスターでキレイにしようとしてキンチョール
ぶっかけてしまうんです。仕方ないんです。

だからついうっかり10年位前、車のメーカー系列の広告代理店の
人と仕事の付き合いで食事をしていたときに社交辞令と営業トークで
そのメーカーの車のことを褒めちぎりまくったのに「TANAさんは
どんな車をお持ちですか」と聞かれて「ああ、車の運転はイライラ
するんで持ってないんですよね。車検とか駐車場代とか何から何まで
高いし。平日は会社なんで乗れないしせっかくの休日に車に乗って
どこか行く元気ないですよね。ハハハ」と本音を口走ってすべての
苦労を初期化してしまったりしたんです。仕方ないんです。


まあ、疲れてる最大の原因は枕の替わりにリラックマのぬいぐるみを
頭の下において寝たら抜群の寝心地だったんですけどガッツリ寝違え
ちゃって首が右に曲がってる状態で●ンコ●ンコなネームを書いてる
ことなのかもしれないです。

年賀状についうっかり●ンコ●ンコ書かないように気をつけよう。
それだけは気をつけよう。

|

2008年1月 7日 (月)

非常食もグルメの時代

コミケで売り子さんからケーキの缶詰をもらいましたので、今日、
いただいてみました。

Img_cake20051101

中はフルーツケーキ。レーズン、クルミ、ドライフルーツが盛り込まれ
ているもので無添加、無着色。(※写真の右端のやつ)

味は、予想以上に美味かったです。
開けて、そのままかぶりついたのですが、メーカーの説明を見ると、
開封前に日光の良く当たるところに数分置いておくか、開けてから
レンジでチンしたらもっと美味しくなるそうです。
ちょっと惜しかったな。

感想ですが、ドトールとか街角によくある喫茶店に置いてあるのと、
遜色ない味でした。フルーツの含有密度でいえばこっちのほうが
多かった気もします。食感もよかったです。パサパサって感じじゃ
ないです。しっとりとして食べ応えがありました。

フルーツも硬かったりカラカラだったりといった不具合は全く無くて
美味しかったです。要は「まあ、市販のものと比べると味は落ちる
けど、缶詰にしては美味いよね」っていうレベルでは無いです。

正直、缶詰ってスゲー、って感心しちゃいましたね。
ラーメン缶で大失敗して以来、珍しい缶詰に信用が置けなくなって
いたのを挽回しました。

そのメーカーのサイトはこちら。
http://www.okaneya.co.jp/index.html

自衛隊関連を中心に商品開発している模様。
独自の製品で特許をとっている会社なんで、談合とか裏金とか過度な
接待で受注を稼ぐなんてことは無縁のようです。

主にお土産としての認知が高いようですが、実際に海外へ派遣された
部隊へも送られています。いやまあ、当然といえば当然ですがw

そういえば、最近、海自の食事レシピが公開されたましたね。
その内容は 見ていませんが、噂では自衛隊の食事って缶詰に限らず
かなり豪華だとか。

やっぱストレスありますからね。昨今は半島の情勢も不安定だし国内
でも災害が相次いで自衛隊の存在意義はかなり大きくなっていると
思いますんで、食事くらいはグルメなものにしても国民は文句言わない
んじゃないでしょうか。

もっとケーキのバリエーションが増えれば、お土産としてもさらに認知
度が高まるんじゃないかなと思いますんで、開発を頑張っていただき
たいものです。ぜひ違う種類も食べてみたい。

缶のラベルも、サイトに載っているのはほんの一部でして、けっこう
細分化されています。僕がいただいたのは「岐阜基地 飛行開発実験団」
と記載されている航空自衛隊仕様のものでしたから、陸・海・空、
そして、それぞれの部隊別のラベルが多数存在するものと思われます。

アーミーマニアの方はモデルガンやナイフとかだけじゃなく、こういう
ものをコレクションしてみるのも面白いと思いますよ。


ちなみに、今、上記のHPで内容を読んでいて気づいたのですが
---------------------------------------------------------------
「ケーキの缶詰」は全て500キロカロリー以上あり、高カロリー・
高タンパクのため、1缶でお腹を満たすことができます。
(中略)
ケーキの缶詰1缶で、約1食分のカロリーが摂取できます。
---------------------------------------------------------------

やべー……。
そうか、そうだよな。
コレ、非常食だもんな…カロリー高いの当然だよな。


吉野家の牛丼食った後にスイーツ(笑)感覚で食べちゃったよ……。


【追記】
ミリタリ好きの人たちの中には、レーション(戦闘携行食)マニアの括りが
有る程 ハマるととても深いものがあるそうです。

皆で持ち寄って試食オフ会とかやる所もあるらしいですね。
いいなあ、なんか面白そうw

|

2008年1月 6日 (日)

ミンク鯨の肉を食べた

正月に行った回転すし屋「がってん寿司」に今日も行ってきました。
http://www.gatten.co.jp/contents/gatten/
9皿食ってお腹いっぱい。ネタがでかいんでお気に入りです。
もうかっぱ寿司には戻れないかも。まあ、それなりに値段も高めでは
ありますが、とりあえず一皿300円未満に抑えて…。

味はまあまあですが、店員の元気がいいので気に入ってます。
個人的に接客とか雰囲気が明るく元気な店って、値段よりも
価値があります。これは寿司に限らず定食屋でもコンビニでも同じ。

大声はりあげたときに大気中に散布される唾液ミストによって寿司
ネタにオヤジのアミラーゼがどんだけ降りかかってんのかは気に
しない方向で。

で、今日は数年ぶりに鯨の肉を食ってきました。

寿司のネタとしてはそんなに珍しくもないものですけど、最近やたら
オーストラリアの捕鯨反対を訴える人たちが日本大使館で暴れている
というニュースを見たもんだから
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1075549.html

「まあ気持ちは分からんでもないがちょっと落ち着いてお前らは
カンガルーでも食ってろよこの外道」というメッセージをこめて注文
してみました。届けこの想い!

TANA「オヤジ! クジラ頼むぜ!」
店員「オウヨ! ガッテン承知!」

エリートヤンキー三郎みたいな店だよココ。ハマるぜ…。


で、久しぶりに食った鯨肉の味なんですが…なんかフツー…。

ただの冷たい肉で、なんというか特徴がないというか…クジラの肉って
こんなんだったっけ? 生だから? 子供の頃の給食で出たクジラは
確かに食べやすく調理されてたけど、もっと深みのある美味さがあった
気がするのですけどね。期待値が高いせいだろうか。

そういえば、はじめて馬刺しを食ったときも「あれ…? 値段のわりに
こんなもんか…」って思ったなあ。

ちなみにこちらのブログによれば、カンガルー肉ってスーパーで
かなり安く売られてるらしいです。

■マンツーマン英会話ブログ FCT 「カンガルーを食べる」
http://ameblo.jp/1st-c/entry-10058124866.html

牛肉より安いとは…。そんなに大量にいるのか。
しかし英会話で「カンガルー食べたことある?」って聞くことも
現地以外じゃ、なかなか無いだろうな。

【オーストラリアの場合】
Q「Have you ever eaten kangaroo meat?」
A「Yes! Of course」(はい、もちろんです)

【アメリカの場合】
Q「Have you ever eaten kangaroo meat?」
A「No! It is too cruel!!」(いいえ、そんな残酷な!!)

【日本の場合】
Q「Have you ever eaten kangaroo meat?」
A「Ouyo. Gatten agreement!!」(オウヨ! ガッテン承知!!)

excite翻訳は直訳しすぎだと思う。

|

2008年1月 5日 (土)

新庄のイメージが変わる?

日ハムを優勝へ導いて引退した新庄剛。

現役時代は正直、あまり好きでは無かったです。
今でこそ、ファンサービスをどの球団も頑張るようになって、
新庄のような明るく楽しいキャラクターは重宝されるように
なっているし、僕も、今ではそういう方向性は大事だと思って
います。

だけど、約10年以上前(阪神在籍時)は、阪神が弱かったせいも
あり、練習せずにセンスだけで野球やってるように見えていたし
変な話題性だけ求めるような軽薄なイメージばかりありました。
それはファッションだけではなく、プレーにも現れていて
当時はなんか「確かにすごいけど…浮いてるな…」って思った
ものです。

そのプレーの一つとして、敬遠球を打ってサヨナラヒットに
したことがありました。
http://jp.youtube.com/watch?v=qLG_6vjbGAo&feature=related

当時はなんか、おおスゲー!って感想よりも「話題づくりが
好きな新庄らしいパフォーマンスだな」と思ってたのを覚えて
います。

ところが、今日、たまたまこの動画を見て考えが変わりました。

■新庄 敬遠球打ちサヨナラヒットを語る
http://jp.youtube.com/watch?v=KL4CN1EDcLk&feature=related


キャッチャーの立ち位置について語る新庄。
その観察眼に感嘆しちゃいました。そしてそれをしっかり練習
しているのがすごい。これもセンスの一つかもしれないけど…
うーん、敬遠というのは確実に進塁を稼げるし、ある意味「怖い
バッターだ」という代名詞なんだから、他の選手は打つ練習
なんてしないだろうなあ…。イチローならやるかな…。

「なんでも練習しないと無理」なんて新庄に言われて、思わず
苦笑してしまいました。新庄だって苦しい練習をずっとやって
きてたのは当然のことなんだけどね。なんか騙されてたような
気がして悔しいw

新庄さん10年間アナタを誤解してました。スンマセン!

|

2008年1月 4日 (金)

今年一発目のブリーチ(ネタバレ有)

ネムまだ生きてたーーーーーーーーーーーーっ!!

いやーよかったよかった。
ボテ腹・強制出産(※口から)させられたときはどうなるかと思ったけどな…。
これで一安心。


と思いきや、マユリ外道すぎだろ!
ネムの胎内に新薬を仕込んでるなんて!
もう無理だ、これで石田とのグチャグチャ純愛エロ同人誌は描けなくなった…。
あああああああ………

まあ、それは置いといても、あの「超人薬」の効果ってのは面白かったな。

神経と肉体の乖離ゆえの残虐性というか。個人的に今回の展開は
(斬魄刀への仕掛けも含め)ご都合主義のオンパレードではあったものの
かなり面白かったです。マユリのキャラが独特すぎるってのも大きいん
ですけどね。記憶に残る回でしたね。うん。

100年後、あの十刃は採取されたビンの中ですべてを知るんだな…。
こええぜ…マユリ…。

余談ですが、現在公開しているエイリアンズVSプレデター2で病院に
侵入したエイリアンが、妊婦に卵を産み付けて強制出産させる
というシーンがあるという噂です…。

ちょっとネムを連想しちゃいますね。
彼女は次回で元通りにしてもらえるんでしょうかね。

頼むよマユリ。
少しくらい娘に優しさを見せてあげ……ないんだろうなぁ……。

|

2008年1月 2日 (水)

焼きます!

鈴木史郎さんはバイオハザードがめちゃめちゃ上手いらしい。
【ブログ記事】http://abnormal.sakura.ne.jp/entry/log_1550.php
【元動画】http://jp.youtube.com/watch?v=8DPw1nMCU20

もう70歳なんですね。とてもそんな風に見えないですけど。
こういう年齢の人がゲームを全肯定してくれるのが嬉しいですねー。

うわさじゃ、加山雄三も鬼武者が大好きで、ごきげんようで
そのマニアっぷりを熱弁して会場をドン引きさせてたらしいですね。

高齢者ゲーマーってかっこいい!


追記)

http://chat.2log.net/s4913/archives/blog357.html
こういうのに名前出るだけで、ものすごく好感度アップするのが
不思議だ…。

|

2008年1月 1日 (火)

新年一日目

あけましておめでとうございます。

さて、今朝は新年にふさわしく、売り子さんにアナルの貞操を
奪われそうになる悪夢を見て目を覚ましました。昨日、そんな
雰囲気なんてなかったのに…いや、もしかして…いやいやまさか。

新年にふさわしくコンビニのノリ弁当をかっ食らったあと、エロゲを
プレイ。どうにも身体がダルいのでお風呂へ。

それでも身体はどうにも不調。ダルいというよりも、疲れて動かない
のに妙に筋肉は緊張状態になっている感じ。気力と体力が乖離しすぎ。
そういうわけで、新年にふさわしく快晴だったのでウォーキングへGO。

新年にふさわしく10キロほど歩いてクタクタになったので、帰り道に
あるスーパー銭湯に行って本日二回目の風呂。ジェット水流で身体中の
コリをほぐしてやっと緊張状態が抜けました。

脱衣所にあった体重計にのってみると新年にふさわしく67キロ。がーん。
やっぱコミケ作業中にラーメン&パンにハマってしまったのが大きいか。
このままじゃ70キロに行ってしまう。マジでダイエットしなきゃ。

と、心に誓ったときに、ロビーのテレビで新年にふさわしくニュー
イヤー駅伝をやっていて、そのランナーが中学時代の同級生。
アンカーでゴールイン。ああ、こいつまだ走ってたんだなあ。すげえ
なあ。かっこいいなあ。頑張ってるなあ。よしオレも頑張ろう。

と気合を入れるために食堂で新年にふさわしく生姜焼き定食をかっ
食らって、銭湯を出ると、帰り道に新しい回転すし屋が出来ていた
ので新年にふさわしく入店。

女性店員「お客様、いらっしゃいましたぁーーーーーっ!」
店員全員「「「いるぅぁっしゃいませぇええーーーーーーーー!!」」」
男性店員「あああぁっけましてぇええーーーーーっ!」
店員全員「「「うぉおおおめでとうござぁああーーーーーーっす!!」」」

どこの応援団だここは。明大か。

とはいえ、非常に気持ちいい新年の挨拶に乗せられ、新年にふさわしく
脂身たっぷりの寿司を8皿ほどガッツリ食ってきました。もう70キロ
超えたかも。

というわけで、新年にふさわしくキッチリ湯冷めして、炭水化物と
動物性たんぱく質と脂質がたっぷり詰まった腹を抱えたまま鼻水と
くしゃみに悩まされてフラフラです。

あと年賀状はきてましたが、昨年、スケジュールの都合で
イラストの仕事をお断りした札幌のエロゲメーカー様からでした。
それ一枚だけでした。

今年も初日からすべてが裏目に出ておりますが、どうぞよろしく。

|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »